Strict Standards: Redefining already defined constructor for class Ce_Wp_Menu_Per_Page in /home/sportsplus/sportsplus.co.jp/public_html/wp-content/plugins/ce-wp-menu-per-page/ce-wp-menu-per-page.php on line 38
ドライバーのロフト角の選び方!【UGMゴルフスクールコスパ豊中少路店】 | SportsPlus Official Blog

ドライバーのロフト角の選び方!【UGMゴルフスクールコスパ豊中少路店】

written by 鐘ヶ江インストラクター

ドライバーのロフト角の選び方

ドライバーを選ぶ時に、ロフトは何度がいいのか?シャフトの硬さは?
という質問をよく受けます。

それ以外にも、長さや総重量、バランスなどドライバーを選ぶ基準は
色々とあるのですが、今回はその中からロフト角についてお話しします。

ドライバーのロフトは男性であれば、各メーカーでバラつきはあるものの
だいたい9°~12°くらいがラインアップされています。

ここで注意してほしいことは、この表示されているロフト(表示ロフト)と
実際に計測したロフト(リアルロフト)には誤差があるということです。
なぜ表示ロフトとリアルロフトに誤差があるのかを説明すると長くなるので、
あくまでも表示ロフトは目安だと覚えておいてください。

では肝心の自分に合ったロフト角を選ぶにはどうしたらいいのかというと
試打してみて打ち出し角が13°~18°くらいが良いと言われています。

ヘッドスピードが遅め方は打ち出し角が高め、逆にヘッドスピードが速めの方は
打ち出し角が低め、が理想とされてます。

最近はどのショップでも試打できるところがあり計測機も設置してあるので
できれば試打してボールの打ち出し角を確認してください。
またレッスンに通われている方は、担当の先生に相談するのが一番ですね。

今使っているドライバーでは上手くボールが上がらない、逆にボールが上がり
過ぎるという方は、これを機に今使っているドライバーが自分にとって最適な
ロフト角なのかをチェックしてみるのもいいかもしれませんね (^^)


↑☆体験レッスンのお申し込みはこちらをクリックして下さいね☆↑

UGMゴルフスクール豊中少路店ではゴルフ体験レッスンを随時開催しています!
大阪モノレール少路駅徒歩1分!!

・無料レンタルクラブをご用意してるので気軽に手ぶらでOK。
・駐車場完備
・レッスンの後はお風呂、サウナ(ドライサウナ、ミストサウナ)、シャワーを無料でご利用できます。
・最大4名の少人数で充実レッスン。
・初心者、女性の方も大歓迎!多数在籍してます。

一人では行きにくいという方はお友達とお誘い合わせのうえお越しくだい。みなさまの参加を心よりお待ちしています!

ゴルフスクール/ゴルフレッスン/UGMゴルフスクール